大阪高裁で逆転勝訴!!

2019年2月15日に大阪高裁で「逆転勝訴判決」が出ました。

 

アルバイトに賞与を認める初の高裁判決。
控訴から約1年、大阪高裁(江口としこ裁判長)は
 ● 賞与(アルバイトはゼロ)➡新入職員の正職員の6割を認める。

 ● 夏季の特別休暇5日間(アルバイトはゼロ)➡正職員と同様に5日間

 ● 病気休職の賃金保障(アルバイトはゼロ)➡1か月全額、さらに2か月は0.2か月分補償

 ● さらに、無給により私学共済脱退で健保任意継続と国民年金の負担増も損害として認めるなど、大阪医科大学の不当差別を断罪しました。

 

 

★賞与での6割というのは支給率のことです。基本給は正職員の8割なので80%×60%=48%、新入職員の正職員の約半分弱となります。

 

20年、30年のベテラン職員と同一にして欲しい、とは思っていません。フルタイムで同じ時間・同じ仕事内容を同じ責任で働いているのに、せめて新入職員と同じ賞与の支給率でもらってもいいのではないでしょうか?

新入職員の正職員の半分弱の賞与を獲得。同一労働同一賃金にはまだまだ不十分ではありますが、「画期的な判決」と全国から注目を集めた勇気ある判決を書いてくださった江口としこ裁判長に、心から敬意を表します。

 


高裁判決、紹介ページ (大阪高裁 裁判例速報)


大阪高裁 判決文


ダウンロード
高裁判決 声明.pdf
PDFファイル 1.0 MB

弁護士ドットコムニュース



●NHKの「ニュースウオッチ9」(6/10、11)で全国放送されました。

令和初のボーナス、正社員と非正社員との格差を少しでも埋めようとする動き

今年2月、大阪高裁で大阪医科大学裁判の判決


●NHKの「ニュース845~関西のニュース」(2/15)で放送されました。

●NHKの「ニュースウオッチ9」(2/15)で全国放送されました。


●関西テレビの「FNNプライムニュースα」(2/15)で放送されました。


●日本経済新聞の(2/16)に記事が掲載されました。

バイト職員に賞与認める 大阪高裁、原告逆転勝訴


●毎日新聞の一面、社会面(2/16)に記事が掲載されました。

賞与格差は違法 大阪医科大 元バイトへ支払い命令

非正規労働者へ励み(賞与格差違法) 原告女性 実業会へ波及期待


●朝日新聞の一面(2/16)に記事が掲載されました。

「非正職員に賞与」命令 大阪高裁 不支給、不合理と判断


●読売新聞(2/16)に記事が掲載されました。

「非正規の実態みた判決」待遇差訴訟 原告「頑張ってよかった」


●しんぶん赤旗の(2/16)に記事が掲載されました。

非正規格差 逆転勝訴 大阪医大の待遇は不合理


●連合通信・隔日版の(2/21)に記事が掲載されました。

アルバイトにも一時金必要 労契法20条裁判で大阪高裁判決


●大阪民主新報新聞の(2/24)に記事が掲載されました。

バイトに賞与なしは違法 大阪高裁 大阪医大に支払い命令

非正規の未来かかった裁判 原告女性 報告集会で喜びの声


●労働新聞の(3/4)に記事が掲載されました。

労契法20条 バイトへ賞与不支給は不合理 成績・業績に連動せず

新卒正職員の6割以上で


その他、ウェブニュースやまとめサイト、様々な掲示板などで取り上げられるなど全国から注目を集めています。


全国一般労働組合大阪府本部   大阪医科大学分会

 

〒530-0041

大阪市北区天神橋1-13-15 グリーン会館3階

 

TEL: 06-6354-7212   FAX : 06-6354-7214

E-mail: mail@z-fuhon.org

 

全国一般労働組合大阪府本部は こちら